CEO 挨拶

絶え間ない技術の向上で
顧客と共に栄える
情報セキュリティ会社を作ります。

こんにちは、ウィンスの代表取締役である金大淵と申します。
ウィンスは2003年度にKOSDAQ上場した情報セキュリティ専門企業です。

1998年から始まった情報セキュリティ技術開発への集中を行った結果、2000年ネットワークセキュリティの
代表ブランドである’スナイパー(SNIPER)’により安定的な売上を上げるようになりました。
その後、事業を多角化に展開するため合併(M&A)を行い、経営効率化を追求するため企業分割も
行うなどのさまざまな環境変化にも関わらず, ウィンスは順調に進んでいます。
長期間に掛けて蓄積されてきた技術力や市場競争力により、
現在ウィンスはネットワークセキュリティ市場の先頭に立つ企業になりました。

ウィンスは韓国ネットワークマーケットシェア1位の企業として、特に技術と安定性を要求するハイエンド(High-end)マーケットを中心に高性能マーケットを先導しています。
さらに、事業領域を拡大してネットワークセキュリティだけではなく、セキュリティ管制、セキュリティコンサルティング、セキュリティSI事業と最近私生活侵害でイシューとなっている個人映像セキュリティなど、新規事業に積極的に進出しています。

ウィンスはWorld Class 300選定企業、Hidden Champion育成企業として、 技術開発及び品質向上のために多角に努力して顧客満足サービスを最優先にしています。韓国セキュリティマーケットのノウハウを基盤にして海外マーケットに性能に進出して1千万ドルの輸出の塔を受賞しました。只管、韓国セキュリティ技術競争力を基盤でグロバルマーケットで堂々競争して韓国を越えてグロバル情報セキュリティ企業で跳躍するウィンスの未来を見守ってください。

(株)ウィンス 代表取締役 金大淵